まさとの社会不安障害(SAD)克服記録
TOP PAGE > 克服に向けて:ストレッチの効用
腹式呼吸でリラックス


心がウキウキしていると
体も軽く感じ、心が沈んでいる時には体の動きもにぶくなる、こんな経験が誰でもあると思います。

これは
心が体に影響を与えているという良い例ですが、もちろん、体も心に大きく影響を与えます

あなたが緊張している時には、肩が上がっていませんか?
緊張すれば、どうしても
体に力が入り、肩も上がってしまいます。

そんな状態では、リラックスなんて出来ません。
まずは、そんな
体の緊張を解きほぐしてあげましょう

緊張によって、筋肉がカチンコチンになったのならば、その逆の現象を利用するのです。
つまり、筋肉をほぐして
体をリラックスさせることで、心もリラックスさせてあげましょう。


ストレッチのやり方はどんな方法でもかまいません。
大事なのは、体の余分な力を抜いて、自然体に戻してやること。

  • 肩は上がっていませんか?
  • 首は固まっていませんか?
  • 体が縮こまって、背筋が曲がっていませんか?

リラックスしたい時、緊張した時には体が自然体になっているか?変に力が入っていないか?を意識してみて下さい。

もし、体がカチンコチンになっていたら、ストレッチで
心も体も軽くしましょう。




Copyright (c) since 2008 まさとの社会不安障害(SAD)克服記録 All right reserved.