本文へスキップ

まさとの
社会不安障害(SAD)克服記録

緊張をほぐすツボ

ここでは、押すだけでリラックスできる手のツボを紹介します。

普段から、ちょっとした空き時間や、イライラしたり、緊張した時
などにもツボを刺激してリラックスして下さい。


実際、私も人前で話す時などの緊張した時には、
体の前で手を組むふりをしながら、親指で「内関」を
刺激しています。

下にあるツボは全て「手のひら側(手相を見る側)」にあるツボです。


「労宮」
(ろうきゅう)
位置 手のひらのほぼ真ん中、手を開いて薬指を軽く曲げて、その先端がつく所にあります。
ここを5秒くらい「じっくりと押して、ゆっくりと離す」動作を5回くらい繰り返して下さい。
効果 緊張を緩和させます。その他にも血行を良くして、疲労回復にも効果があります。

「神門」
(しんもん)
位置 手首の横じわの小指側の端にある骨と筋との間の窪み(突き出ている骨の根元)にあります。
ここをグリグリとゆっくりと、まわしながら指圧して下さい。
効果 神経の高ぶりや興奮を抑える効果があります。安眠にも非常に効果的です。

「内関」
(ないかん)
位置 手首の横じわから、人差し指、中指、薬指の三本(二本)の横幅分、肘方向にいったところで、二本の太い腱の間にあります。
ここを親指で強く押したり、グリグリと刺激して下さい。
効果 イライラを解消し、心を落ち着かせる効果があります。又、動悸の安定にも効果があります。
注)「内関」の指の幅は3本説と2本説があるのですが、両方を試してみて、圧痛や快感などのツボへの反応が強い箇所を見つけてみて下さい。
(私の場合は三本の方が刺激を強く感じます)
TOP PAGE