本文へスキップ

まさとの
社会不安障害(SAD)克服記録

話し方を学ぶ

私が社会不安障害・社交不安障害(SAD)を発症していた頃は、人との会話がとても苦痛でした。

まず、相手に何と思われるか不安で、なるべく話しをしたくありませんでしたし、又、何を話せばいいのか、正直戸惑うことも多くありました。

又、気軽に話せる人には話がはずんだりしたのですが、ちょっとでも知らなかったり、苦手な人だったら話が長続きしませんでした。

つまり、元々話し下手だったのかもしれません。

思い当たる原因の1つは
会話への苦手意識があったと思います。
そして、この苦手意識のために
  • 気楽に会話が出来ない
  • 自分の思いをうまく伝えられない
  • 話しても、誤解を招いてしまう
などの辛い経験をしてきました。

私と同じように、口下手で自分に自信が持てない人には、このような経験があるのではないでしょうか?

又、一方で会話の上手な人は、話している内に、いつのまにか相手の心をつかんで、引き込んでしまいます。
この差は一体何だと思いますか?

そこには、大きな「
話し方の技術の差」があったのです。

私も自分の口下手を何とかしたいと思い、6ヶ月間「話し方通信講座」を受講したことがあります。

その経験から言うと、会話には
確立されたテクニックがありました。

そのテクニックを知っていると、知らないでは会話や、人間関係に大きな差が出てきます。

話が上手な人は経験的にこのテクニックを身に付けていて、無意識の内に使っているのです。

経験的に身につけていない私は、基礎から体系的に学ぶしかありませんでした。

受講した結果、「上手に」とまではいきませんでしたが、人並みには、誰が相手でも会話の糸口を見つけ、又、
会話が苦にならないようになりました。

話し方の技術を学ぶことは、会話への苦手意識を無くし、会話をすること自体に
自信が持てるようになります。

何よりも、この技術おかげで、周囲の人との
コミュニケーションに役立ち、人間関係を円滑にすることが出来るようになりました。


これは人とのつながりで成り立っている社会では非常に
大きなメリットとなります。

日常での会話だけでなく、仕事上でも、
異性との会話でも、多いに役立ちます。


正直言って「話し方の技術」を上げるには、かなりの
努力が必要です。

しかし一度、このようなテクニックを身につけてしまえば、それは
一生役立つ技術となります。

まずは簡単な所から、本屋で話し方の本などを見つけて、読んでみたらどうでしょうか?
TOP PAGE