まさとの社会不安障害(SAD)克服記録
TOP PAGE > 社会不安障害(SAD)とは?:SADの原因は?
社会不安障害(SAD)の原因は?

セロトニン不足と3つの要因

社会不安障害・社交不安障害(SAD)の原因は、はっきりとは解明されてはいません。
しかし、社会不安障害・社交不安障害(SAD)を発症している人には、脳内の
「セロトニン」等の神経伝達物質が不足していることがわかっています。

そして、そのセロトニン等が不足する原因としては次に挙げる
3つの要因が複雑に絡まりあって、社会不安障害・社交不安障害(SAD)を発症する原因になると考えられています。
  1. 経験的要因
  2. 性格的要因
  3. 遺伝的要因

経験的要因

経験的要因とは、人の注目が集まる中で強く恥ずかしい思いを経験したり、頭の中が真っ白になったりしたなど、主に人前での失敗体験を言います。

又、他の人が失敗して恥ずかしい思いをしているのを見て、それを無意識に自分に置き換えてしまい、不安や恐怖を感じて発症の要因の一つとなる人もいます。

もちろん、そのような経験をした人が全員、社会不安障害・社交不安障害(SAD)になるわけではありません。

社会不安障害・社交不安障害(SAD)を発症するには
他の要因も複雑に絡んできますので、単純に原因を突き止めることは難しいのが現状です。


性格的要因

性格的要因とは、以下のような性格の人によく見られる発症要因です。

  ・自分を常に良く見せようとする人
  ・完璧主義な人
  ・他人からの評価を気にしすぎる人
  ・引っ込み思案で人見知りの激しい人

このような性格の人は、人前で失敗することを過剰に恐れたり、恥をかきそうな場面を避け続ける「
回避行動」の傾向があるため、「成功体験を経験する機会が少なく、社会不安障害・社交不安障害(SAD)を発症しやすいのです。

逆に前向きな性格の人は人前で失敗してもくよくよせず、又、どんな場面でも逃げずに立ち向かう傾向があるので「
成功体験」を得やすく、自分に自信を持つことができ、発症しにくいのです。


遺伝的要因

遺伝的要因とは、産まれつき、脳内の神経伝達機能に何らかの異常があることによる発症要因です。
このような遺伝的要因を持つ人は、不安や恐怖を感じやすく、それが極度の緊張へとつながってしまうのです。

尚、ちゃんと検査したわけではありませんが、
私の場合もこの遺伝的要因による所が大きいかもしれないと、主治医の先生から言われました。


これらの
3要因のいくつかが重なり、ある日突発的に発症してしまうのです。

上へ



Copyright (c) since 2008 まさとの社会不安障害(SAD)克服記録 All right reserved.