まさとの社会不安障害(SAD)克服記録
TOP PAGE > 克服に向けて:腹式呼吸でリラックス
腹式呼吸でリラックス


自分で出来るリラックス法として、ここでは「
腹式呼吸」を紹介します。

呼吸って普段は意識しませんが、体だけでなく
心にも深く係わっているって知っていました?


呼吸と自律神経は密接な関係にあります。
リラックスしている時には副交感神経が働くんですが、腹式呼吸の「深くゆっくりとした呼吸」をすると、この
副交感神経が活発になり、リラックス出来るんです。

又、ストレスを感じたり、緊張していると無意識の内に呼吸が浅くなってしまいます。

この浅い呼吸だと、十分な量の酸素を吸えず、酸素を一番必要とする脳が軽い酸欠状態となってしまって、リラックス出来ません。
そこで、
腹式呼吸で脳に十分な量の酸素を送ってやり、リラックスしやすい状態になりましょう。


腹式呼吸は難しそうなイメージがありますが、
思ったより簡単なんで、是非、挑戦してみて下さい。

1. お腹をへこませながら、10秒かけて口から息を吐き出す。
2. 肺の中の空気を出し切ったら、鼻から5秒で息を吸いながら、お腹をふくらませる。


たったこれだけです。簡単でしょ?

これを1日3セット、毎日続けて下さい。
そして、
リラックスしたい時緊張をほぐしたい時にも、この腹式呼吸を行なうと効果的です。

ポイント
  • 最初に息を吐くことから始める
  • 「息を吐く時は、悪いエネルギーを吐き出して、吸う時には、良いエネルギーを取り込むイメージ」を持ちながらやる
  • お腹は目一杯、へこまし、ふくらます(少し痛いと感じるくらいが目安)
この3つを意識しながらやってみて下さい。

腹式呼吸は健康にもいいです。
本格的にやると、もっと複雑で覚えにくいんですが、ここではあえて簡単で、かつ効果的な方法を紹介しています。

是非、マスターしてみて下さい。
私は、SADを克服した今でも、緊張する場面では腹式呼吸を行っています。



Copyright (c) since 2008 まさとの社会不安障害(SAD)克服記録 All right reserved.